スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBFS Manger 3.0.1 使い方 and 日本語化 

WBFS Manger 3.0.1がけっこう前にリリースされていたので紹介します。
なお、今用意したWBFS Manger 3.0.1は32bit版です。

HDやUSBで起動するにあたっての利点は…
・速度が速い。
・DVDがいらない。
・Wiiにあまり負担がかからない。
・DVDではカクカクするのがこれではあまりしない。
・速www

です。
無駄ずかいはなくなると思いますのでやってみては!?

~準備~

・USBまたはHD
・WBFS Manger 3.0.1
・WBFS Manger 3.0.1日本語化のファイル

                   上記ニ点をDL

~方法~

1.USBまたはHD

大容量のHDでやる場合、それすべてをWBTSにするわけにはいきません。
そこでパーティーションを分けます。
大体、WIIの領域は20Gくらいがちょうどいいと思います。
自分のOSはVISTAなので、その標準機能を使います。

まず、「コンピュータ」を右クリックして管理ボタンを選択します。


管理



次に、その中からディスクの管理を選択してさらに右クリックし、「ボリュームの圧縮」を押します。


圧縮
圧縮ボタンを押してすこし待ちます。
すると…出来上がりです。

なお、管理人はビスタなので、他のOSはわかりません。
友人の情報によると、XPはそのやり方では無理なのでGpartedを使っているそうです。

ググってみた

2.WBFS Manger 3.0.1

解凍して出てきたWBFS Manger 3.0.1をセットアップします。

2.日本語化

C:\Program Files\WBFS\WBFS Manager 3.0

を開きます。

その中に日本語化フォルダの中に入っているjpをコピーします。

そして再度WBFS Manager 3.0.1を起動すると…


WBFSManger3.0.1



なんとJAPANESEになっているわけです。

※自己責任でお願いします。

以上です。
お疲れ様でした。

コメントください(-。-)y-゜゜゜
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntkryou.blog108.fc2.com/tb.php/12-2d70f1c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。